売上伝票

油,売ってます.

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 研究   Tags: ---

Comment: 7  Trackback: 0

グンバイウンカとカマバチ

正体不明のカマバチでグンバイカマバチ,その名もGonatopus tambiniae (Esaki & Hashimoto)というのが奄美大島から記載されている.その種小名の由来になったものがTambinia debilis Stal,1935年当時のミドリグンバイウンカである.

小笠原には,ハゴロモカマバチGonatopus hagoromo Terayama & Ohbayashiという種が分布している.模式産地の父島でアオバハゴロモGeisha distinctissima Walkerに寄生するからつけられたシンプルな名称で,大型種ということもあり愛着がある.しかし,母島ではグンバイウンカ科のKallitaxilaのなにがしかを寄主としている.何しろアオバハゴロモが母島には分布していない.そして,アオバハゴロモは小笠原では移入種である.とすると,こちらも本来の寄主がグンバイウンカの仲間であり,むしろグンバイカマバチと呼ぶと正名論的に妥当だろう.こんな言葉遊びの次元ではなく,実際のところ,これら2名義種のカマバチは同種の可能性がある.

ミドリグンバイウンカは本州で採れる仲間で最普通種だと思うが,Kallitaxila sinica Walkerという学名がいつから使われるようになったのだろう.総目録には和名もk. sinicaも載っていないので一層気にかかる.もやもやしていることがもう一点あって,別属のオヌキグンバイウンカの名前をしばしば聞くが,実物を見たことがない.

付記
オヌキグンバイは海岸線の照葉樹で採れる場合が多いとのこと.



スポンサーサイト
プロフィール

Author:油屋本舗
ホテルニューニボシ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。