売上伝票

油,売ってます.

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類   Tags: 日常  

Comment: 0  Trackback: 0

<ワイオミング時間28日>
エチオピア区のMegalyridaeは手ごわい.

昨夜,路上で大きな氷の結晶がびっしりついている一角を発見したときは度肝を抜かれた.どうして地表で結晶が育つのだろう.たしかに六角形だった.

ハヤカワの思考と行動における言語を読了.ちょうどいいタイミングだが,帰路の慰めを失った.後半は学習性無気力の例示に始まり,人種や世界大戦に関する言及など政治的な発言も多く,チャップリンの独裁者で有名な後半の演説のように,人類の(かなり近い)未来への語りかけを意図しているように思われる.しかし,初版から30年以上も改訂を重ねただけあって,扱っている話題の歴史的な幅が感じられた.言語が現実のものを言い表すことは不可能であることはよく言われることで,意味論的な文章や行為の解釈には,もう少し他の哲学者の引用があってもよかったかもしれない.しかし,それは初版出版以降に整理された考え方なのかもしれない.

学内の地質博物館に寄った.ワイオミングはアメリカでも有数の化石の産地.恐竜はもとより,ラクダやサイといった哺乳類の化石も展示されていた.実物に触れるコーナーもあった.大学関係で,この期間中にやっておきたかったこともあったが,まあ,いいや.

<ワイオミング時間29日>
朝8時のフライトでララミーを発つ.受付のPCが故障していて,チェックインに手間取る.デンバーにつくのが早かったので,ホテルのチェックインができない.

荷物を置かせてもらってデンバーの美術館へ.アメリカンインディアンの美術工芸品がすばらしかった.彩色,造形,その辺はどう考えてもアメリカの近代美術に影響を与えただろうと思う.つるか何かを編みこんだ篭の曲線の豊かさはなんとも形容しがたい.エドワーズ・カーティスによる先住民の記録写真が数枚展示されていた.日本でも聞く名前なので,いつかまたであえるだろう.北米では特に竹類がほとんどみられないからなのかもしれないが,「竹」というコーナーがわざわざ東洋の一区画に設けてあった.花瓶の装飾,篭,すだれなどが展示されており,ほとんど日本人の作品のようだった.興奮して鼻血が出た.西洋のコーナーでは,ルネサンス以前から現代まで一通りあったもののうち,ジュゼッペ・アルチンボルドの有名な四季のシリーズから,夏と秋が展示されていたのが記憶に残っている.現代のコーナーはほとんど改装中だったので残念だが,それを排しても,コレクションとしては南北アメリカ大陸の先住民の民俗学的資料に重きが置かれているようだ.地下にこっそりカンディンスキーが飾ってあったのはよかった.

おもちゃ箱のような極彩色のメキシコ料理屋でタコスを食べて,まだ帰るには時間があったので散髪に行く.「デンバースタイルにしてください」というと,笑って応じてくれた.

グリーンピースの勧誘をやっており,大学生くらいの若者に声をかけられる.インドネシアをはじめとした熱帯雨林の伐採を食い止めるために協力してほしいという.現地に行ったことがあるかどうかしらないが,データとしてはけっこう詳しいことを知っていた.しかし,結局のところ伐採で得られた商品の不買運動を推進しているようだった.過去の具体的な成功例を自信をもって語ってくれたが,それが現地の人々の生活をおもんぱかって出てきた言葉ではないのが残念だった.こちらとしても自然保護は大切だと思うけれども,人の暮らしを変えるつもりなら搾取している先の商売を一方的に取り上げるのも考えもので,代替案を提案できない限り活動には協力できない旨を伝えた.善悪に関わらず「暴力的」な運動は無為に終わることは少ないが,一方的な行動の目的はおおむね現状を否定するための道具として機能しているに過ぎないのではないだろうか.難しい問題ですね,というのがお互いの結論だった.というか,この対話の関係としては非対称で,こちらがいかに熱っぽく語ろうと,相手の儀式的な情熱と混ざり合うことはないのだろう.最後の一言は,次の人を探しますという意味に捉えてしまっても,その後の彼女の行動の解釈に大きな問題はないと思ってしまった.

7-11
おなじみセブンイレブン.の,ガソリンスタンド.奥には店舗も見える.

スポンサーサイト
プロフィール

油屋本舗

Author:油屋本舗
ホテルニューニボシ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。