売上伝票

油,売ってます.

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

結婚式,その他

(今回の要点)あちこち走り回ったため,発熱した.すわ,風邪かと思った金曜日だったが,気合いで乗り切った.



学校祭後,夜行バスで実家へ.2t車一台分ほどの薪を軒下に積む.ストーブではなく,風呂炊き用だ.3年分は十分あろうかとおもう.ビール樽や米も運んだ.力仕事もなかなかこなしてやれず家族には合わす顔がないのが本音である.

翌日は朝5時に起きて片道2時間の式場へマイクロバスで向かう.道中,親類を拾う.うたたねをしているか本を読むだけだったので道すがら彼らが何の話題で盛り上がったのか知らない.到着が早くなりそうだったので,酒の神を祀っている神社へ.粕の甘酒を母親と二人で飲む.よそでこう二人話す機会など,何年前になくしてしまったことだろう.会場には,すでに親族など参加者が多く集まっていた.それでも時間があったため,街へ写真を撮りにいく.隙間,曲がり角,路地裏を興味深く観察した.気持ち良さそうに眠っている仔猫を見つけたが,よくよくみるとひん死の病気のため眠っていたのだった.愛らしさの感覚とは往々にして無知ゆえである.

姉の白無垢姿はよく似合っていた.健聴者聾者が同席する会場だったため,音楽や声,字幕や手話通訳などにぎやかな式となった.日常の風景としてそれを見る,異様に情動のない自分にがっかりしながらも,田舎の広い家に残る家族らのために写真とビデオ撮影を続けた.あるいは期待通りの進行だったからかもしれない.

母は祖母の体調をおもんぱかって宿をとっていたが,帰るというので私と兄を残し彼女らは帰っていった.バスで3駅先に住んでいる兄と私の二人が,代わりに宿泊することになった.地元ということでお勧めの飲み屋へ連れて行ってもらう.彼は量こそ飲まないものの,明らかに私より品がいい.食べ物メニューのほとんどない日本酒と焼酎の店で,魚の糠漬けである「へしこ」とふな寿司を肴に二杯ほど飲み交わした.話題はいつも通りだったが,兄弟で飲むのはこれがはじめての出来事だった.女王蜂をなくした巣の崩壊過程を考えながら,「漬け物の味」などとふな寿司の批評をしたりした.私は居間で寝,翌朝兄を起こさぬように宿を抜けて新幹線に乗った.朝ご飯は何だったのだろうか.

ゼミ開始直前に無事大学へ到着し,その後カメムシの世話.学生らが3人も手伝ってくれたので,かなり助かった.手伝ってくれる学生は限られるものの,酒の場が苦手な学生らとゆっくり話し合える機会はこの程度しかないので,毎回研究室らしい話題を考えているつもりだ.世話なんて大して面白いことではないが,うまいこと利用してくれればいい.

金曜はどうも発熱していたらしいが,土曜の午前中にゆっくり休んだら回復した.午後から森の妹と秘密の打ち合わせをするつもりだったが,鮎まつりをやっていたのでそっちに遊びにいった.しかし,みうらじゅんが好きという以外,まったく毛色の異なる兄妹である.今日の日曜日はたまったメールの返事と明日の講義準備.

「他者と死者」 内田樹(文庫版)
ラカンによるレヴィナスと副題がうってあるが,さらに複数の学者が登場する.当然,内田さんも登場する.タムルードのくだりは,こんな書物の形態もあるのかと驚いた.
一読しただけでは十分全体像を把握できない本だった.そして,かつて難解だったので放置していた本の中に,ハードカバー版の本書も含まれていた気がする.要するに2冊目.実家に不要物と一緒に送り返したような.同じときに送り返した本のうち,今ならD・レインの狂気と家族(小川幸辰の漫画,エンブリヲにもちらっと登場する)も読めるのではないかと思う.あと数日気づくのが早ければよかった.どうせくどい記述ばかりの回なので付け加えるなら,週刊ヤングジャンプで足利尊氏と高師直が描くあっアシカがっ!!!の今週号のオチ,「外部は内部である」は,J・デリダではなく,J・ラカン.読者層からほとんど問題ないと思われるが,致命的なジャック違い.

「強者は生き残れない」 吉村仁
後半が本懐なのだろうが,ものを知らない人間にはそれ以外の方が面白かった.進化生態学的な視点から見た盛者必衰の理.
スポンサーサイト

Comments


プロフィール

油屋本舗

Author:油屋本舗
ホテルニューニボシ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。