売上伝票

油,売ってます.

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類   Tags: 日常    

Comment: 0  Trackback: 0

今週末は久しぶりにゆっくりした休日を過ごした.

土曜日,津へ移動.小雨が降っていたものの,チェックインを済ませてから日が落ちるまで川辺を散策する.日本の洋食文化の草分け,東洋軒で黒いカレーを食べる.想像よりずっと格調高いレストランだったので,スーツで来ていてよかった.夜,NHKスペシャルでリーダーシップに関する討論番組をやっていた.日頃の関心ごとでもあるので面白く聞いていた.

日曜日,宿を追い出されるように出て県立美術館へ.イケムラレイコの企画展をやっていた.津出身らしい.彫刻,油彩だと瞑想めいた作風だが,デッサンは線がやわらかく,きわめて感情豊かだ.作品名を展示物に掲示しなかったのはにくい演出だと思う.柳原義達の彫刻をたくさん拝めたのはいっそう印象深い.通路で思わず足が止まったのは,佐藤忠良の彫刻だった.わたしは,彫刻はあくまでも具象的なものが好きらしい.

「プリズン・ガール」有村朋美
アメリカ生活中の交際相手が麻薬マフィアで,逮捕劇に巻き込まれて女子刑務所に投獄…と聞くと恐ろしい事態だが,あまりにも浮世離れしていて現実感なく読んでしまった.解説というか感想文というかよくわからないが,最後に執筆を勧めたルポライターの藤井良樹が書いているように,分析も批評も,ときには反省すらもなく,最後まで日記のように率直な調子だった.投獄体験の手記(一応小説?)と言えば,ドストエフスキーの死の家の記録が思い出される.終止現実的で前向きな前書にくらべ,こちらはかなり内省的でねちっこい文体だ.しかし,クリスマスの出し物のくだりなど,獄中生活の自然である意味陽気な一面がつぶさに観察されている点は両者に共通しており興味深い.

芥川賞は田中慎弥の「共喰い」.都知事との一件もまた.
スポンサーサイト

Comments


プロフィール

油屋本舗

Author:油屋本舗
ホテルニューニボシ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。