売上伝票

油,売ってます.

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

昨日は奇跡的にすべての作業を終えた.オープンキャンパスの院生の発表スライドをチェックする余裕すらあった.午前2時前に帰宅し,久しぶりに6時間も寝た.残念ながら寝坊である.植松に毒を盛られるのではないかと恐るおそる登場すると,作業全体遅れていたのでそれほど迷惑をかけずに済んだ.公用車のVoxyを借りていった.ボクというと,農学的には黒ボク土を想像する学生が多い.軽快に走れる車だが,ボクと相性は悪いようである.百貨店のバックヤードを見る機会なんてないので終始わくわくしていた.準備を手伝う間もなく大学へ戻り,先日相談を受けた「害虫」の標本を確認.一抱えほどある容器にぎっしりそれらを詰め,採集日と身体症状の同期性や疑わしい「生態」を隙間なく書き綴った付箋が無数に添付されていた.しかしながら「害虫」は「残念ながら」生物ではなく,プラスチック片であったり繊維くずであったりした.要するに,小さいおばけだったようである.通常ではそのような物体を害虫と見なすような事態などまず起こりえないが,○○だからありえない,という考え自体は「我々」の共有する集団幻想である.身体症状の原因を何かに求めることはそれほど特異なことでもない.恋や怒りの動機を象徴化できる,という程度の健全な態度である.「太陽が眩しかったから」といった理由も,自分の帰属する集団や個人の人格次第ではどんな行動とも結びつく可能性はあろう.結果のみご家族の方にお伝えしたところ,血液検査でダニのアレルギーが確認できたということだった.ともあれ,一刻も早く普段通りの生活に戻られることを願ってやまない.

最近,水田でカマバチが採れ始めているのか,カマバチ関連のキーワードでこのブログに来られる方が少なくない.東急百貨店の展示では,水田の代表的な種について簡単な紹介をしている.キアシカマバチはまだ個体数が少なく,しかも大半の標本を貸し出し中だったので標本を探し出すのに苦労した.探索過程でカマバチの二次寄生蜂をたくさん発掘できてうれしかった.さすがに小さすぎたのでこちらは展示していない.寄生蜂界の「のしいか」として有名なPlatiscelioの平たさを強調した写真も撮影していて面白かった.ちなみにハバチ界の「のしいか」はCladomacula.チャバネアオカメムシの卵寄生蜂も一回の調査で採れる4種200個体ほどを展示している.これらの面白いところを解説担当者に伝えていないのと,そもそも興味を持ってくれる方がどれほどいるのかという点が気がかりだ.
スポンサーサイト

Comments


プロフィール

油屋本舗

Author:油屋本舗
ホテルニューニボシ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。