売上伝票

油,売ってます.

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類   Tags: ---

Comment: 0  Trackback: 0

グリセリン・ゼラチン(グリセリンゼリー)は一時的な封入や固定に大変便利だが,境界面の屈折率が高いらしく,立体的で複雑な構造物の観察には適していない気がする.像のにじみがひどいから.花粉のように微小でシンプルな構造であれば特に問題は感じない.今度ヨコバイのニセ花粉(と呼んでいる),brocosomeでも見てみようか.
ただ,ちょっとグリセリンを多めにつくっておいて(あるいは温めてゆるくしてから)その中で解剖すると微細な構造をうまくいじれる.体長2mmのカマバチのbasivolsellaを取り外すのがこんなに素早くできるとは.そして,面倒だからそのままカバーガラスを3mmくらいに折ったものをカバーとしてかぶせて「おしまい」.こんなサンプルが増えてきた.フェノールを加えているので痛んだりしないから後で再封入するのも容易.でもそんな日は二度と来ない気がする.簡易封入したサンプルが夏を乗り切れるか確認して,平気なら敢えて全てバルサムを使う必要はないだろう.

博物館取り壊しに伴って標本類は大引越し.ずっと前からその話は聞いていて,どのタイミングで引っ越すのかタイムテーブルを誰も知らない状況が続いていた.確かに大がかりな工事なので計画を慎重に見直すことは賛成.そして先日ついに引越し先の改修工事日程が知らされたので,もしやと思って案内してくれた担当者に直に問い合わせに行った.というのも,工事計画には標本管理に必要な空調等の希望をまったく提出していなかったから,こちらの最低条件を把握していないのではないかと心配だった.実際聞いてみると,エアコンの設置などは後から検討予定だったそうだが,移転先は収容規模を想定せず場所を割り振られているようで,標本棚だけで床面積に収まりきらないことが明らかになった(具体的にはまだ非公開だが).植松の「4年次に卒業可能な半年留学制度」を利用した結果必修単位が履修できず留年!?という事務手続き上のエラーにしても,もう少しエンドユーザーの状況を確認してからルールを作っていかんとな.植松の方は,ここで頑張って規約の解釈や適用を修正できれば今後同様の不幸な学生を減らせる(というか制度の面目を保てる)わけなので,親切心だけでどうにかできる問題ではないが,先方が回避手段を検討してくれているのを確信している.学科的には問題になっている単位の認定要件をそろえるのに特に大きな支障はないので(これに関しては具体的な先手も打ってある),根っこの部分が了承してくれればよいだけの話だが,困ったもので,明文化された何かを変えるのには重々しい理由付けが必要だ.ところで引越しに関して,僕としては,プレハブ小屋を仮学生会館として建設して,現在の予定地を全部収蔵空間にするとその後の展開を考えても有利だったかと思っているのだが.というか,あの建物規模に学生+モノを詰め込んでは床面積不足ということにどうして今まで議論が及ばなかったのか.聞くほどに不安は尽きないが,まあ,ついでにキャンパス整備関連の情報を教えてもらったり得るものも多かったか.何にしても,僕の立場では,協議事項が下りてきてからの対応では無理ゲーだな.次はフロンティアと作業室の移転計画.トカトントン.
さあ寝るか.今日も寝れんかな.
スポンサーサイト

Comments


プロフィール

油屋本舗

Author:油屋本舗
ホテルニューニボシ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。