売上伝票

油,売ってます.

Category: スポンサー広告   Tags: ---

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Category: 未分類   Tags: ---

Comment: 3  Trackback: 0

24日に改めて日通が20-25人のスタッフで引っ越し作業に来るそうだが,それはまさに今週日通が来るはずのタイミングで僕がお願いしていた学生らの延べ人数だ.来週からはほとんどの学生に予定が入っており一日3人すら用意できない.延々と同じ学生にばかり負担を強いるわけにもいかないし,僕も二日おきの徹夜を今後もつづけることなどできない.どうしても水曜日に集まってくれるように無理を言ったら,吉田,宮尾をはじめ5,6人来てくれることになった.返事をくれない学生もいるが,仕方がない.そんな状況を知りつつ無視する学生の方もつらかろうので,僕もそのような学生に声をかけなければよかった.申し訳ないことをした.ただ,その分だけ来春に仕事を積み残すことになるのは避けられず,研究室だけでなく部活動の面々にも迷惑をかけることになる.日通が来なかった代償はおそらく3か月程度は残るものと想像している.選択肢がほとんどないため,当然のようにゼミの時間を片付けに充てるといったことになろう.きっと理解してくれるだろうけど馬場先生にこの事態をどうに伝えたものか逡巡している.そして片付けが済んだらすぐ大型の展示企画の準備がスタートする.

ところでこの膨大な作業が延々と続くことの弊害で,勉強や自由時間を削ること(それ自体も深刻な問題だが)以上に気がかりなことがある.あまりこの場で表現したくなかったのだが声の届けられない人にも文字が残れば伝わると期待して記録しておく.駒形にこの点について小一時間語ったが,明確な夢を持てない学生は現実に多く(したがって実現可能な努力は否定的な動機を持っている場合がしばしばある),そのような学生には頼るべき仲間も居場所も本人との関連性や双方のコミットメントが希薄で一時的なものである傾向が強い.一見束縛がなくノマド的で気楽なようだが,中心性のないリゾーム型の人間関係は積極的に選ばれたものでもなく,外部に大きな物語を見出せるようなものでもなければ信念としての健全な自己愛の醸成の過渡期にあるものにとって不幸なことである.あらゆる体験からの成果報酬は自己決定的になりやすく,したがって他者による十分な承認を得たと感覚できないため本人の無力感やゆがんだ自己中心性から抜け出すきっかけをつかめないからだ.最近の学生に顕著なそのようなメンタリティでは人間関係によりどころを作ることができないため,どのような形であれずっと集団行動を強いられる(あるいはその要請に応じないでいる)ことに耐えられない人間が出てしまうことは避けられない.ほんとにここ数年の学生の挙動には胸を痛めているので,あらかじめ小島さんとその点を打ち合わせておいた.引っ越しだとか展示だとかイベントそのものを実現することではなく,3年目になると進行の過程で得られる功罪についても冷静に見つめ,危機管理をすると同時に人間関係かあるいは行動それ自体への魅力を高める方法を検討しなければならないだろう.集団生活に馴染めない学生は年々増加する傾向にあるのは当然として,その集団とどのように向き合っていくべきかこちら側が謙虚に知恵を絞らなければ,物理的,精神的に「研究時間を必要以上に削られる」教員と,「調査研究に自覚的に関わる糸口すら得られない」学生が次々に頓死するばかりだ.ここは研究に関わる死者の墓場ではなく研究室であると標榜する以上,生き残りをかけて全力をつくさなければ誰も存在理由を見失ってゆくばかりだ.

24,25日の日通の作業に関して現場でいくつかお願いしなければならないことがあるので僕も朝から立ち会うつもり.数人学生が手伝ってくれると言ってくれたが,上述のような理由で断った.日通の屈強なスタッフの働く当日の様子はtwitterで実況するのでお楽しみに.あと,作業は朝9時から開始と電話で今日確認したので明記しておきます.よもや二度もドタキャンするはずはないと思うが念のため.
スポンサーサイト

Comments

 
引っ越し作業お疲れ様です。建物が新しくなったとき、また移動するのが一苦労ですね。学研の図鑑用に自分の標本を少し出していたのを今、思い出しました。大学に戻ってきてるのかなあ?
Re: タイトルなし 
僕は把握してませんが,図鑑に使ったクワガタなどは博物館ではなく標本室に保管してありますので,すぐ見れますよ.
 
標本室に保管してあるなら大丈夫か。まあ、いつ取りに行けるかわからないからな。家よりは昆研の方が管理状態が良いかもしれないし(カビ的な意味で)

プロフィール

油屋本舗

Author:油屋本舗
ホテルニューニボシ

検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。